武道幼稚園

特に実績も無く、強くもない人間が日々の稽古内容や感じた事を記録します。

今日の練習は休みました。

うーん、一旦家に帰ってからやと練習に行けなくなる事が多い。

 

練習の日は残業して、直接道場に行き、

練習無い日は早めに家に帰ろう。

 

練習休んだ代わりではないが、

家で筋トレを重点的にやった。

最近はこの本に載ってるメニューをやってる。

f:id:budonikki:20200708231621j:image

 

あとは、たけちゃんマン(千葉の極真の先生のYouTuber)がやってた股関節ストレッチをして、

シメにプロテインmctオイル。

 

もちろん夜食は一切無し。

 

練習に行けなかったができる範囲のことをやれたので今日は良しとしよう。

身体に悪くないプロテイン

激しい筋トレはあまりしないが、タンパク質補給のためプロテインを久々に購入。

 

マイプロテイン買ってたこともあったが、

何が入っているか分からんので辞めていた。

 

今回買ったプロテインはこれ

f:id:budonikki:20200707144228j:image

f:id:budonikki:20200707144235j:image

f:id:budonikki:20200707144248j:image

甘味料がステビアなのが、魅力的。

 

普通のプロテインは身体に悪い、人工甘味料アスパルテームアセスルファムKなどが含まれている。

 

健康になるために筋トレしてるのに身体に悪いもん飲んでたら本末転倒ですよ。

 

だから、少々高くても気にしない。

 

値段の比較は下記

マイプロテイン : 1000円/kg台

ゴールデンホエイ:5000円/kg近く

 

およそ5倍の差があるが気にしない…💦

 

ちなみに、最近夜食にカップ焼きそばを食う習慣が出来つつあったので、代わりにプロテインで腹膨らませたろと思ってます。

 

カップ焼きそばも身体に悪い添加物のオンパレードなので悪習慣は断ち切りたい)

 

満腹感をさらに満たすためにプロテインmctオイルを加えて、昨日から飲み始めてます。

 

ゴールデンホエイ抹茶味に無調整豆乳を混ぜて飲んだが味は抹茶ミルクの甘さ控えめバージョンみたいで美味しいから続きそう。

f:id:budonikki:20200707145548j:image

 

7/3練習

今日は練習開始から終了までマスク着用。

 

息苦しさに耐えた。

 

 

 

基本の突き蹴りでは、いろいろ課題が見つかった。

 

後ろ拳の突きは、腰が十分回ってないのと、体重を拳に乗せきれてない。

 

胴の後ろ拳突きは、まっすぐ前に入った方がいいとの事。

 

蹴りを差し替えたとき、構えが解けるので注意。

 

股関節が痛すぎて横突き蹴りで全く脚が上がらず。

うーん。風呂上りのストレッチは継続必須やね。

 

最後は指導員だけ防具付けて貰って、打ち込ませて貰った。

 

連打で追い込むべきところでフェイントとか無駄な動きが多いらしい。

 

スタミナロスにもつながるので、基本通り真っ直ぐ入って真っ直ぐ突き蹴りしたほうがよいとの事。

 

次回練習では覚えておいて修正したい。

練習復帰

結局、家族がokしてくれて練習いけました。感謝

 

マスクをつけて練習開始したが、酸欠になりそうになって基本の突き蹴りの途中でマスク辞めた。

 

久々なんで足腰、軸がぶれぶれ。

 

次は拳座をしたが、体重が乗ってないから、ええ音が鳴らない。

 

腰を落として、下から潜り込むように突くとマシになった。

 

ええ音鳴らすのが黒帯取得の条件の一つみたいなんで、自主的に練習しよう。

 

最後は、胴だけ軽量防具付けて軽めの乱捕り。

 

コンビネーション、蹴りも出せたし、久々にしては動けた。

 

何より身体動かせてストレス解消。

 

金曜日も練習行くぞ🏃‍♂️

 

迷い

明日は復帰初日を予定していたが、

今日の夜、家族から

「水曜日は家の事でバタバタしてるのに、練習行くん?」

とイビられてしまった。

 

今までの俺なら、

練習を休んでいたが、

明日はどうしようか。

 

休んだら思う壺や。

練習をサボる理由

7月から練習復帰する。

 

2月に休会して以来。

 

コロナ第二波がいつ来るか分からないので今のうちに出来るだけ練習に参加しておきたい。

 

2月までは週1回練習に行けたらいい方やった。

だから何年経っても技術は身に付かず、白帯のまま。

 

練習をサボる理由は

1位: 家族に気を使って行けない

2位:仕事が忙しい

3位:体調不良、怪我

4位:しんどい、気が乗らない

が多かった。

 

そろそろ本気で練習に取り組んで黒帯を獲りたい。

サボりの対策を考えてみた。

 

『家族に気を使って行けない』

→明日死ぬかもしれないので後悔しないように、自分の人生を生きる。少々わがままになっても問題ないと思うようにする。

 

『仕事が忙しい』

→練習に行く為になんとしても仕事を早く終わらせる。早く終わらなければ仕事を投げ出すか、練習終わってから、また仕事に戻る。

 

『体調不良、怪我』

→風邪防止のため、睡眠を十分に取る。怪我防止のため、ストレッチをする。免疫を高めるためサプリを摂る。

 

『しんどい、気が乗らない』

→まずは練習に参加し、基本の突き蹴りだけでもやる。防具練習は「軽めにお願いします」と申し出て、自分だけ早めに切り上げる。練習に行く事に意義がある。しんどいのに練習を休まなかった自分を褒める。

 

7月からもこの日記を見返そう。

10年以上時代を先取りしていた防具

コロナウイルス流行でマスクの次にニュースで見かける医療器具、フェイスシールド。

 

あれを見たときに、ふと頭に浮かんだもの、それが、少林寺拳法の専用防具「フェイスガード」

 

下記のサムネイルの防具である。

https://m.youtube.com/watch?v=jf2dfYaulek

 

着用すると地雷処理班のような出で立ちになる。

 

フェイスガードは10年以上前の少林寺拳法では指定防具だった。

最近ではフェイスガードではなくスーパーセーフが指定防具になっているようだ。

 

昨今のコロナウイルス流行で、少林寺拳法に限らず、格闘技や武道のスパーリングでは飛沫感染の懸念がある。

 

防具を着用したとしても、例えばスーパーセーフは口の部分に穴が空いているし、日本拳法の鉄面も隙間だらけ。

 

そこで、今こそ、少林寺拳法のフェイスガード復活の時ではないか?

 

顔の前面を全て覆われている為、飛沫の飛散をかなり抑えられそうである。

 

このコロナウイルス流行が長引けば、もしかすると格闘技、武道界に少林寺拳法発のフェイスガードが広く浸透するかもしれない。